マンション管理費長期滞納者から数ヶ月でほぼ全額回収することに成功した事案


<事案の概要>

 依頼者は,某県内に所在するマンションの管理組合です。マンション組合員の中に管理費、駐車場代など(以下「マンション管理費等」といいます。)支払義務があるにもかかわらず,それを長期に渡り滞納している方がおり,管理組合からの支払いの催促に対しても無視を決め込むという方がいました。

 管理組合としては,管理費等は,当該マンションの使用・管理のため,管理組合員の全員が公平に負担すべきものであり,実際に支払をせずいわばフリーライドしている組合員に対しては,きちんと支払ってもらいたいとの意向でした。

 そこで,滞納された管理費等の回収のため,管理組合理事長が当事務所にご相談にこられました。



<解決に至るまで>

 当事務所弁護士が,マンション管理費等請求事件として事件を受任し,その直後,滞納者に対し至急滞納管理費を支払うよう内容証明郵便を用いて請求しました。すると,暫くして滞納者から連絡があり,現在支払ができない状態であること,時間が経過すれば支払いの目途がつくとのことでした。無視することなく反応があったことは,交渉事件としては一つ進展があったととらえることができます。

 しかし、かかる状況では、任意の交渉を継続しても実際に回収実現までは厳しいといえました。この状況を管理組合に報告したところ、訴訟提起をして適切に回収を図っていきたいとのことだったため,管理組合において,適切な手続きをとり,当該長期滞納者に対し,訴訟提起をするに至りました。

 裁判所において,訴訟が始まると,長期滞納者は,無視することなく出廷しました。裁判所にて当事務所弁護士と滞納者による複数回の話し合いがなされ,最終的に,管理費等のうち,一部の費目を除き,一括で支払う旨の和解が成立しました。

 そして,無事,和解に基づき期限までに管理費等のほぼ全額を回収することができました。
 


<解決のポイント>

 *弁護士に事件処理を依頼したことで,スムーズに滞納管理費の回収を実現できたこと

 *マンション関連の問題,いわゆるマンション法の問題は,専門的知識と経験を必要とすることほとんどです。管理組合内部では処理しきれない場合もあります。その場合、マンション問題に取り組む弁護士に依頼することが肝要であり、問題の早期解決につながります。

 *マンション管理費長期滞納で悩まれている場合,弁護士に相談することをお勧めします。




不動産サイト フッター.JPG

電話受付時間外のご予約は、お問合せより必要事項をご記入いただき、ご送信下さい。