• HOME
  • 賃料滞納対策

 賃料滞納対策

(1)賃料滞納対策の流れ
大家さんにとって頭を悩ませる問題の一つに、賃借人の「賃料不払い問題」があります。
「何度も家賃を支払うよう言っているが、いっこうに支払ってくれない」というご相談をよくいただきます。
賃料不払い問題はどのように解決するのでしょうか。ここでは、賃料滞納対策の流れを見てきます。
 
詳しくは「賃料滞納対策の流れ」をご覧ください。
  
(2)未払い賃料の支払い請求
賃料不払い問題を解決する為には、正しい手順を踏む必要があります。
賃借人がなかなか賃料を支払ってくれない場合には、まず内容証明郵便を送付し、賃料の支払いを求めましょう。
なお、この際、賃貸借契約そのものを解除するかどうかも検討が必要です。
 
詳しくは「未払い賃料の支払い請求」をご覧ください。
 
(3)保証人への請求
賃借人が賃料を支払ってくれない場合には、賃借人の保証人が賃料支払い義務を負います。
大家さんは、保証人に対して滞納賃料を請求することができます。
 
詳しくは「保証人への請求」をご覧ください。
  
(4)少額訴訟など
支払能力があるにも拘わらず、賃料を滞納している悪質な賃借人に対しては、「少額訴訟」や「支払督促」という法的手続を講じることができます。
「少額訴訟」や「支払督促」を行うには、ある条件が揃わなければなりません。
 
詳しくは「少額訴訟」をご覧ください。



不動産サイト フッター.JPG

電話受付時間外のご予約は、お問合せより必要事項をご記入いただき、ご送信下さい。